探偵用調査機材 3Dプリンターの可能性

 

 

3Dプリンターでの作業手順は、モデリング→スライス→プリントアウトの順に作業します。モデリングできなければただの箱…というわけでもありませんがそんなに便利なものでもなくなります。

探偵が使う場合は、主に隠しカメラのボディー(カモフラージュ)を作るための試作に使うことが多く、単純なものでも試作して設計に問題がないかを確かめます。頭の悪い設計が苦手な探偵にとって、これは大助かり、お金と時間の節約になり、それから金属等の複数の素材を加工しカモフラージュしたボディの完成です。もちろんプリンターで制作したものをそのまま使うこともありますが、長い期間使用することには適しません。調査用の機材は室外で使うことがほとんどで、わりと耐久性は必要になるのです。その案件に適した機材を早く製作しなくてはなりません。また、そう頻繁にご依頼があるわけではありませんが、企業や公的機関から犯人の特定や不正の証拠を撮るために、カモフラージュカメラの製作や取付を依頼されることもあり、これらは長期間1年以上にわたり使うことも想定し制作します、一つとして同じものを製作することはないので、3Dプリンターで試作できることはすごくありがたいです。

 

Please follow and like us: